第8回 「幸せ体感」
ゴールデンウィークは、皆さんどう過ごされましたか?以前から計画をたて旅行に行かれた方、たまの休み交通渋滞に巻き込まれるのは嫌という方は近場で、一日の大半を仕事でという方はこの機会にゆっくりと腰を据えて趣味に没頭されたかと思います。
各地で展覧会が開かれ普段お目にかかれない秘蔵作品も紹介されています。新聞や中吊り広告を目にするようになりました。

 最近行った美術館、展覧会についてお話しましょう。
ブリジストン美術館で行われた“ルノアール展”、新宿の某百貨店で行われた“鈴木英人展”画家来場の時間に合わせサイン、短い時間でしたがお話も出来ました。第6回でご紹介したTOKYO-BAYららぽーでギャラリーラプラージュでは“笹倉鉄平展”これまた画家来場という特典付きでした。その他数箇所に足を運び、癒されて帰ってまいりました。作品を堪能し、画家本人とお会いして話、握手、一緒に写真なんて、こんな幸せ体感をしてしまうと病み付きになるかも知れません。私は、幸せ体感に嵌ってしまった一人です。皆さんも嵌ること間違い無し!

今回は会場から帰宅までをシュミレートしましょう。(第6回の続きです)

6、十分休んだら
会場内にもどったら、まだ見ぬ作品を残らず見ましょう。前に見た作品が気になるのならもう一度その前に立ち新たな気持ちで眺めましょう。きっと違う角度からも批評できるに違いないありません。“やぱりいいな”、“家の何処なら・・?”なんて思ったら次のステップへ進めます。予算的に購入可能な作品ですか?数万円で買える作品もあれば、数十万円、数百万円のものもあります。ここで余談ですが、作品を飾る場所に規制・条件があるのをご存知ですか?もちろんご自分が購入したものです何処へでも、しかしカレンダーやポスターのように粘着性のテープで貼るということは出来ませんので壁や梁の下地も考慮しなくては、、この件に付いては後で詳しくお話しましょう。

7、アートアドバイザーに聞く
さて購入手続きに入る前に必ず確認してみてください。
額は価格に含まれているか?額を選ぶことができるか?
大抵は、作家もしくは主催側の推奨額で価格に含まれています。飽くまでも推奨額です遠慮無くアートアドバイザーに聞いてみてください。気に入った額をつけてこの部屋、あの部屋と考えるだけで楽しいですよね。作品の配達、取り付けについても担当のアートアドバイザーが配達・取り付けもしてくれることもありますが、宅配業者が届け取り付けはしないことが多いで、アートアドバイザーに聞いてくだい。
 
8、購入方法
 展示即売会では必ず作品の下に値段表そして支払方法(分割支払など)がかかれたものがあるはずです。すでにアートアドバイザーと仲良く話がはずんでいるのなら彼らはプロです相談してください。この日の為に貯金をしていた方や信販・クレジットカードで一括、分割支払する方いろいろあります。無理のない購入方法を選んでください。例えば分割支払であれば、月額一万円代で返済も楽ですよね。
注意)舞いあがっていてはダメ!契約内容をきちんと理解できるまでアートアドバイザーから説明を聞いてください。作品をその場で持ちかえれない場合が多いので契約書・領収書など交わした書類の控えはその場で再確認する。納期は?などなど…。

9、この日を迎えて
作品が手元に届いたら、郵送中のトラブルがないか必ず確認してください。もしも傷・破損なんてことがあったら写真も取りましょうね。泣き寝入りは絶対ダメ!担当アートアドバイザーに連絡しましょう。異常なければ取り付けにかかりましょう。場所は予め検討しておいた方がよいでしょう。
“作品を飾る場所に規制・条件がある”についてのお話をします。取り付けには壁もしくは、梁の下地を考えなくてはならない。大きい絵になると額を含め10キロ〜15キロぐらいはありますので取りつける前に担当アートアドバイザーに相談してください。コンクリートに打ち込める釘もありますので、ホ−ムセンターの方に尋ねるのもよいでしょう。この日を迎えることができた喜びは、手に入れたあなた本人にしか味わえないのですよ。壁にかかった作品を前にどんなに待ち焦がれていたか思い直しまた幸せ体感するとよいでしょう。そして、一番近い休日に友人を招待し感動を分け合うのもよいでしょう。
注意)“作品を飾る場所に規制・条件がある”でもう1点注意して欲しいのは、環境です。絵は生き物です。目には見えないけれど伸縮をしています。額がついているからと言って安心しないで!誇りや傷はつかないけれど台所に近い浴室に近いなど湯気が原因で絵をいためる事があります。直射日光はもちろん大敵です。この点には十分気をつけてください。

二回に渡って秘訣をお教えしましたが如何だったでしょうか?土日祝祭日のお休みを利用して美術館、展覧会めぐりはいかがですか?
是非、幸せ体感してみてください。
BACK