焚き火は水をかけて消すのはやめよう
これからの季節、キャンプでは焚き火が似合いますね。
最近は焚き火台などの燃焼効率のいい道具を使う方が多くなったのできちんと薪を全て灰になるまで燃やす上級キャンパーが増えてきましたが、にわかバーベキューを楽しむ人たちの中には薪を燃やしきらないほど足し過ぎて、ついつい、いざ帰る段になると水をかけて消すというのを見ます。

水をかけられた燃えカスは処分に困るゴミとなることが多いので、焚き火を楽しむときは全てが灰になるように上手に楽しみたいですね。

ちなみに、うちわやふいご(送風機)などがあると薪や炭が良く燃えるのは知ってますよね。これらのグッズは焚き火やバーベキューなどの必携グッズですので、火を楽しむキャンプの際はお忘れなく。

BACK