RV&キャンピングカーの冬対策
冬でもアウトドアに気軽に出かけられるRVやキャンピングカーは今が最強のシーズン。しかし、そんなRV&キャンピングカーも冬対策をしっかり行う必要があります。

雪路走行の為にはスタッドレスタイヤに替えるのが理想的ですが、あまり雪国に行くこともない方はタイヤチェーンを利用する方も多いでしょう。
非金属チェーンのほとんどの物はRVやキャンピングカーなどの重量のある車は非対応なのでサイズが合うからと言って利用するのは危険です。
非金属チェーンでRV対応のものはオカモトのRV-MAXなどがあります。

しかし、脱着が面倒と言う方には「オートソック」という画期的な製品が出ています。
この製品はタイヤに被せる布カバーの様な物で、持ち運びはコンパクトで脱着も一分程度。走行時も布地なので静かで重量車の使用制限もなしと優れ物です。
難点を言えば氷雪路面以外で走行すると磨耗が早いと言うこと。
最近は自動車メーカーも純正採用しているので評価は高いようですよ。

キャンピングカーの場合は、一番重要なのが生活用の水の凍結対策。
乗らないときはタンクから水を抜いておき、氷点下になる場所に出かけるときは室内のヒーターをオフにしないようにしましょう。
トイレの洗浄水タンクには凍結防止効果のあるウインドウォッシャー液を入れておくとボウルへの汚れ防止効果もあるので一石二鳥です。
汚水タンクにはアンチフリーズタイプのフィアマの消臭剤等がおすすめです。

冬はバッテリーも弱る季節。もし、メインバッテリーかサブバッテリーのどちらかが極端に弱っている場合は片方の充電系に影響して弱っていないバッテリーもダメになってしまう事もあるので、もし、弱っているようなら早めに交換した方が良いですよ。理想的には双方同じタイミングで交換するのが充電系のバランス的な負担が少なく安心です。

BACK