キャンプグッズ考 (コンパクトグッズ)
キャンプ用品には大きく分けてオートキャンプ用と山岳用の2つの種類があります。
オートキャンプではツーバーナーやガソリンやカセットガスタイプのランタン大型のテーブルに、ディレクターチェアー、ダッジーオーブン、封筒型のシュラフに大型のテント等を使うことが多いですが、山岳用は1人から2人用の軽量小型のテントに専用ボンベを使った軽くてコンパクトなシングルバーナー、ランタン、マミー型のシュラフと基本的に個人のキャンプ道具を全てザックに入れて背負って持っていけることが基本になっています。

この追求で年々テントは軽量化され、ストーブ、ランタンは小型化され、シュラフは快適化が進んでいます。

オートキャンプ用品はどうしても使わないときの保管に困る場合が多いですが、山岳用のコンパクトなキャンプグッズなら押入れの隅に入れておいてもさほど邪魔にならず、車に常時災害対策用として積んでおくのにも有効です。

年々高機能、高性能化が進化しているコンパクトなキャンプグッズ。
今年はそんなグッズにも注目してみてはいかがですか?

BACK