アウトドア トラベルセミナー
前のページ このジャンルのTOP 次のページ
第3回:キャンピングトラベル in カナダ(1)

書いた人: 平 井 久 雄

 前回までの説明で一通りの準備は出来たと思います。それではカナディアンロッキー10日間のキャンピングツアーに出かけましょう!
成田からバンクーバー経由カルガリーに飛んでジャスパー,レイクルイーズ、バンフそしてカルガリーに戻ります。折角カナダに行くので帰り道にバンクーバーに寄ります。

もう一度持ち物の確認です。パスポート、運転免許証(国内、国際)、お金、クレジットカード、航空券これだけ持っていれば取り敢えず出発OKです。お金に関してちょっと説明しておきましょう。日本円は成田の往復分で十分です。あとはドルになりますが、今回はカナダドルを用意しましょう。でもカナダドルの現金は一部の銀行(東京三菱かな)でしか予約以外は手に入りにくいと思います。でもトラベラーズチェック(T/C)ならば入手可能です。バンクーバーかカルガリーに着いたときに現金に替えてください。
 

 衣類は寒くても暑くても大丈夫なように!ジャスパーやレイクルイーズ等のロッキー山中では霜が降りるくらい冷え込むことがよくあります。(たとえ8月でもですよ!)ダウンベストやダウンジャケットが必要な位です。暖かい時はTシャツ・ポロシャツで、寒くなったら防寒着を羽織るつもりが良いでしょう。あとは普通の海外旅行と同じでかまいません。普通の海外旅行ってどんなのという人はガイドブックで研究するか経験者に聞いてください。多分スリーピングバッグ、枕、食器、炊事用具はどうするのという疑問が沸いて来ているのでは・・・。大丈夫です。車を予約するときに一緒に予約をしてください.勿論有料ですが、一通りの用具は揃ってます。必要であればベビーシートなどもあります。

さて、航空会社のチェック・インカウンターには出発の2時間前には着くようにしましょう。夏休み中のピークシーズンには3時間前までにと指示されることもあります。いずれにしても余裕を持って行動しましょう。それでは出国手続きをして搭乗ゲートへ。バンクーバーまで約8時間、時差はマイナス17時間になります。夕方出発をすると同日の午前着です。バンクーバーでカナダの入国、税関手続きをして国内線に乗り換えます。バンクーバー/カルガリーは約2時間時差1時間です。

カルガリーに着いたらレンタカー会社に行きます。レンタル代、保険代、保証金等の支払いをクレジットカードで支払います。保証金は無事に返却すれば全額戻ってきます。

その後、車の使用注意を受けます。車種や会社によってはビデオがあります。又、出来れば慣熟運転を受けてください。車幅や、右左折の違いに慣れましょう。そしてホテルへ。なるべく市内ではなく郊外のホテルを選んだほうがキャンピングカーの駐車には便利ですね。市内だと屋外駐車場を探して駐車代を別に払わなければなりません。チェック・インが済んだら習熟運転をかねて市内観光に行きましょう。でも見所はサドルドーム(オリンピックのアイスリンク)位ですが・・・

さて明日からはロッキー山脈を目指して出発です。時差ぼけ解消のためのコツをお教えしておきましょう。食事をゆっくりとってなるべく12時以降に寝てください。多分早く眠くなると思いますが、早く寝ると午前3時頃に目が覚めてしまいます。そうすると昼間眠くなり、危険です。一時日本でも流行ったメラトニンを服用するのも効果があります。

長い一日でしたね。ゆっくりオヤスミください。


前のページ このジャンルのTOP 次のページ