前のページ このジャンルのTOP
■最終回 : 最後に
「オートキャンプって、なに?」か、わかっていただけたでしょうか? オートキャンプは車を使ってキャンプをするわけですから、単にキャンプを楽しむという原点に留まらず、もっと大きな広がりをもっています。その大きなものの一つに、旅があります。

 現在のオートキャンプは、沢山の荷物を積んでいける便利なキャンプというイメージが強いですが、それ以外に旅をするときの手軽な宿泊場所、あるいは定着宿泊地としてキャンプをしている人は年々増えています。北海道などは、そういった利用を考慮して北海道開発局が高規格のキャンプ場をネットワーク化しています。これをうまく利用すれば、北海道はキャンプ場を宿泊地として旅が出来ます。
 
 現状のオートキャンプ場では、休みのピークに家族連れが子供たちのためにキャンプをするパーセンテージが高いのですが、これからは子育てが終わっても、夫婦で、あるいは楽しい仲間と、大人のキャンプを楽しんで欲しいものです。子供の教育のためだけにキャンプと言うのでは、何か寂しい気がします。欧米では、キャンプといえばシニア世代の遊びとして定着しています。年配の夫婦が、緑の中でのんびり読書をしている、そんな風景が欧米のキャンプの主流です。
 
 はじめの回で紹介しましたが、テントがなくてもトレーラーやロッジを利用してキャンプは出来るし、もちろんテントでのキャンプも楽しい。わが国のキャンピングカーも年々増加しています。どんな形であれ、自然を背景に仕事や難しい人間関係に縛られることなくゆったりと過ごせるキャンプは、ますます盛んになっていくでしょう。出来れば、その中から楽しい仲間作りができれば、本当に楽しいものになって行くと思います。皆様が、そんな仲間たちと一緒に、楽しくキャンプを継続させる方法を見つけて、この先ずっとオートキャンプを続けてくださることを願って最終回と致します。

前のページ このジャンルのTOP